GO!高橋まさひろレポートVol.47 2015年1月

編集・発行 広島県議会議員 髙橋 まさひろ

 ごあいさつ

  広島県議会は、12月定例会を12月8日から17日までの10日間の会期で開きました。今回の定例会では「平成26年度広島県一般会計補正予算」や「広島県地域医療介護総合確保基金条例」「広島県立広島がん高度放射線治療センター設置及び管理条例」、9月定例会から継続審査としていた「平成25年度決算認定等」さらには「地方税財政の充実強化を求める意見書」などの議案について審議を行ない、52議案について原案の通り可決・認定並びに同意をしました。 本会議においては、会派を代表して瀧本議員(広島市佐伯区)が「東京五輪開催に伴う誘致活動」「県総合グランドの抜本的対策」等、岩下議員(安芸郡)が、「子育て支援」「広島市東部地区連続立体事業」等などについて一般質問をしました。 私は、建設委員会において「広島市東部立体交差事業の進捗状況と方向性」「広島空港の利便性の向上に向けた取り組み」について質問をしました。今後も県民のみなさまの声を大切に議会活動をしてまいります。

Ⅰ 議決の状況等

平成26年度補正予算 可決 一般会計1件、特別会計4件、特別会計4件
平成25年度補正予算 継続審査 一般会計・特別会計1件、企業会計1件
条例案 可決 広島県地域医療介護総合確保基金条例など12件
人事案件 同意 広島県収用委員会委員及び予算委員の任命の同意
その他の議案 可決 工事請負契約の締結についてなど24件
意見書案 可決 地方財政の充実強化を求める意見書など4件
請願 不採択  子どもの医療費助成制度の拡充を求める請願など3件

Ⅱ 議決した主な議案

平成26年度広島県補正予算を可決
8月豪雨災害に係る対策、「ひろしま未来チャレンジビジョン」の加速化、経済・雇用対策など総額64億7,100万円の補正予算を可決しました。

8月豪雨災害に係る対策

(8,400万円)

  1.  広島市による被害状況の再調査により、新たに住居が全壊・半壊の認 定となった世帯に対する災害見舞金の支給、県内全ての治山ダムの緊 急点検、整備中の砂防堰堤の嵩上げ工事の実施など新たな減災対策( 減災に向けた取り組み支援)

「ひろしま未来チャレンジビジョン」
の加速化(7億3,600万円)

  1.  尾道松江線等の全線開通に伴う記念イベント、新たに都道府県に設置さ れる「地域医療介護総合確保基金」への積み立てなど

経済・雇用対策(1,800万円)

  1.  未就職卒業者等就業体験の実施、市町が実施する在職者の処遇改善 への支援

広島県地域医療介護総合確保基金条例を可決

医療介護提供体制改革推進交付金などが国から交付されることに伴い、地域における医療や介護の総合的な確保のための事業の実施に必要な基金を設置する条例案を可決しました。

広島県立広島がん高精度放射線治療センター設置及び管理条例を可決

広島県立広島がん高精度放射線治療センター設置及び管理条例を可決


Ⅲ 建設委員会の質疑応答要旨 

ページtopへ戻る↑

Ⅳ 観光振興対策特別委員会の質疑応答要旨 


Ⅴ NTT労組中国総会支部県議会視察

ページtopへ戻る↑

 可決された意見書

ページtopへ戻る↑