ショッピング枠の現金化で注意したいリボ払いのコト

ショッピング枠現金化とカードの支払方法

ショッピング枠現金化を行うにあたっては、最終的にカード決済に利用した負債を返済する必要があります。
その際にどのような支払方法を選ぶのか、それがショッピング枠現金化を行う際の重要事項となります。
今回はショッピング枠現金化そのものの概要とクレジットカードの支払方法について、併せて解説しますので参考にしてください。

▼ 目次

ショッピング枠現金化とは

まずですが、ショッピング枠現金化とは、読んで字のごとくショッピング枠を現金に変換する行為を指します。
通常、ショッピング枠と言うのは買い物の際にカード決済で利用しますよね。
その際に現金が発生することはありません。
カード会社が一時的に支払いを肩代わりし、後で利用者の口座から引き落とす形になります。
利用者は一切現金のやり取りをすることをせずに、会計を済ませることができるのです。
現金が必要なければ、会計は非常にスムーズになりますよね。
お財布も無駄に厚くならずに済みます。
これがクレジットカードの本質的な役割であり、最大のメリットであるポイントでもあるのです。

しかし日本と言う国は、なぜか現金主義の国です。
他の先進国の多くは現金を持ち歩くことが少なくなっており、カード社会になっています。
日本は治安が良いせいか、未だに現金社会なのです。
現金社会である日本で生活する以上、どうしても現金が必要となる場面にも出くわしますよね。
そんなとき、普通ならば銀行口座からお金を下ろしたり、それができなければキャッシングを利用したりします。
しかし、それすらもできない場合、困ってしまいますよね。
そんなとき、最後の手段となるのがショッピング枠現金化なのです。
基本的にショッピング枠現金化はカード会社が利用規約で禁じている行為なので、最後の手段にするべきでしょう。

ショッピング枠を現金化するには、自分で現金化するか、業者を利用するかが選択肢となります。
自分で現金化するのであれば、その手段は基本的に転売です。
ショッピング枠を利用したカード決済で買い物をして、その商品を売るのです。
結果、ショッピング枠が現金化しますよね。
業者の場合にはそれぞれに手段が異なりますので、業者の指示通りの行動することになります。
自分でいろいろと考えなければならない部分が減りますので、手軽であると言えるでしょう。

いずれにしてもショッピング枠現金化はその最初の段階で「カード決済」を行うことになりますので、その返済は必ず必要になるのです。
そしてその支払方法をよく考えておくこともまた必要不可欠であると言えるでしょう。

支払方法は一括払いか分割払いか選びましょう

では実際のクレジットカードの支払方法ですが、これは大別すると一括払いか分割払いか、になります。
一括払いは金利が発生しない支払方法で、利用明細が非常に簡素で分かりやすくなるというメリットがあります。
しかし、高額な買い物や現金化を行った場合、支払い月の負担は非常に大きくなってしまうのです。
分割払いは基本的に金利が発生しますが、支払い月の負担が減ります。
一括払いのメリットとデメリットが裏返しになると考えてよいでしょう。

そしてさらに分割払いには、2回払いや3回払いといった支払回数の違いだけでなく、リボ払いというある意味で特殊な支払方法も存在しています。
利用している人は非常に多いですが、通常の分割払いや一括払いとは一線を画す支払方法であると言えるでしょう。

リボ払いとは、毎月の支払額が一律で決められている支払方法です。
たとえばリボ払いの支払額設定を2万円としておくと、5万円のショッピング枠現金化を行った際でも、支払い月の請求額は2万円のみとなります。
これを2か月、3か月目に残る1万円を返済して完済となるのです。
この支払期間にさらなる買い物をしても、よほど高額な買い物でない限り、支払い月の請求額は2万円のままです。
増えるのは請求額でなく、支払回数なのです。

そんな便利なリボ払いですが、注意点もあります。
自分がどれだけ使っているか、便利すぎて把握することをないがしろにしてしまいがちであると言うポイントです。
借金をする以上は決して忘れてはならないポイントですよね。
支払回数が増えると金利が増すことも知っておくべきでしょう。
便利だからと言って使いすぎると、金利ばかりが高くなって元本の返済がいつまでも終わらない状況になってしまいがちです。
リボ払いを利用する際はそういった基本的な部分に注意が必要となるのです。

可能であれば一括払いが最適

つまりショッピング枠現金化を行ううえで、カードの支払方法は、可能であれば一括払いが最適なのです。
金利が発生しないので、単純に得なのです。
しかし一括払いできる人であれば、ショッピング枠現金化を行うことも少ないでしょう。
それができない金銭的事情のある人がショッピング枠現金化を行うことが多いからです。
どのような支払方法を選ぶにしても、ショッピング枠現金化を行うならば自分の返済能力と相談し、必要最低限の金額で行為に及ぶことをおすすめします。