ショッピング枠の返済をリボ払いする際の注意点

HOME » リボ払いの注意点 » ショッピング枠の返済をリボ払いする際の注意点

ショッピング枠の返済をリボ払いする際の注意点

ショッピング枠でカード決済を行うと、その支払い方法をどうするかお店の人に聞かれますよね。
カード会社との契約次第で、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い、などの選択肢が生まれます。
今回焦点を当てるのは、リボ払いです。
リボ払いとはどのような仕組みの返済方法なのか、どのような注意点があるのか、解説します。

リボ払いの概要を一言で言い表すと、「返済額が毎月固定されている返済方法」です。
たとえば住宅ローンの場合、毎月5万円の返済額で、その中に元本と金利が含まれている、といったようなケースは多いですよね。
それとほぼ同じです。
毎月2万円の設定金額で10万円の借り入れがあるとしたら、毎月2万円で5カ月かけて返済する形になります。
その2万円の中に金利が含まれているのか、2万円は元本で金利は別途発生するのか、カード会社によって違ってきますし、その違いが実際の返済期間に関わってきますので、まずはここが注意点と言えるでしょう。
カード会社によく確認しておくことをおすすめします。

しかしリボ払いの最大の注意点と言えるのは、そこではありません。
もちろんカード会社によるリボ払いの仕組みの違いを把握しておくことは非常に重要なことですが、さらに重要であるといえる注意点があるのです。
それが「常に自分がいくら借り入れているのか把握しておくこと」です。

リボ払いと言う返済方法は、本当に便利です。
通常の分割払いだと、買い物の都度、返済計画を立てる必要がありますよね。
その返済計画によって支払期間が左右されます。
しかしリボ払いだと毎月固定なので、その計画が立てやすいのです。

ではなぜ借入額を把握しておくことが最大の注意点となるのでしょうか?
答えは「便利すぎるから」です。
便利すぎて、カードを使いすぎてしまう人が非常に多いのです。
気が付いたらショッピング枠の利用限度額に達していた、と言う人も少なくありません。
返済計画が立てやすいのがメリットであり、返済計画そのものが必要ないわけではないのです。