ショッピング枠をリボ払いで返済

HOME » リボ払いの注意点 » ショッピング枠をリボ払いで返済

ショッピング枠をリボ払いで返済

クレジットカードのショッピング枠を返済する際には、一括払いや分割払いといったさまざまな返済方法が用意されていますよね。
そんなカードの返済方法の中でも、ひときわ異質な返済方法と言えるのがリボ払いです。
実際に利用している人は非常に多い返済方法ですが、一括払いや他の分割払いとは決定的に違う部分があります。
それが「月の支払いが固定されている」というポイントです。

一般的な返済方法の場合、借入額が増えると支払い月の返済額が増加します。
一括払いで10万円のパソコンを購入したとしたら、支払い月は10万円を返済することになりますよね。
2回の分割払いで返済するのであれば、5万円+金利を2か月支払う形になります。
しかしリボ払いの場合、10万円の買い物をしようが、リボ払いの設定額が2万円であれば、毎月2万円以上の支払いはしなくても良いのです。
10万円のパソコンにさらに10万円のテレビも購入して合計20万円になったとしても、基本的には2万円のみの支払いになります。
月の返済額ではなく、返済期間が長くなる仕組みなのです。

ただしリボ払いというのはカード会社によって細かな設定が違ってくるものです。
たとえ利用上限額まで利用したとしても月の返済額は一律、と設定しているカード会社も多いですが、ある程度の利用額に達すると自動的に月の返済額が増加する、という仕組みのカード会社も存在しています。
リボ払いを利用する際にはこのようなカード会社による違いをしっかりと把握しておきましょう。

ショッピング枠現金化の返済をリボ払いで、と考えているのであれば、自分がいくら現金化するのか、いくらなら毎月返済することができるのか、それが可能であるカード会社はどこなのか、をよく考えておく必要があります。
ちなみにショッピング枠現金化そのものはカード会社の利用規約違反ですので、もしも実行したいのであれば、間違ってもその旨をカード会社に問い合わせてはいけません。
規約違反を行うと言う意味でモラルの問題もありますが、それ以前にカードの審査を通らなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。