現金化とリボ払いの金利手数料

HOME » リボ払いの注意点 » 現金化とリボ払いの金利手数料

現金化とリボ払いの金利手数料

クレジットカードで分割払いをする際には、金利手数料が発生することが一般的です。
これは現金化を考える際も絶対に知っておかなければならない部分であると言えるでしょう。
金利がなければ利用者がいつまでも返済を滞納してしまう可能性が高くなります。
故にカード会社は分割払いに金利を発生させ、それを予防しているのです。

リボ払いと言うシステムも、基本的には分割払いですよね。
故に金利が発生することが一般的です。
毎月固定された支払額の中に、元本と金利が含まれていることが多いですが、元本のみ固定で金利が別途発生するカード会社もあります。
カード会社によって細かな設定は変わってきますが、基本的には毎月元本の返済と一緒に金利を支払うことになるのです。

そんなリボ払いを実際に利用している人の多くは、「金利の発生しないリボ払いはないものか」と一度は考えたことがあるでしょう。
これから現金化を検討している人も、気になるポイントですよね。
毎月支払額が固定なのはとても便利なのですが、その中に金利手数料が含まれていると思うと、積み重ねで損をしてしまっている気もするものです。

じつはリボ払いでありながら金利手数料を発生させない手段と言うものは存在しています。
それは「リボ払いで一括払いをする」と言う手段です。
リボ払いで一括払いというと、なんだか矛盾している気もしますよね。
しかし、リボ払いと言うのはあくまでも毎月の支払額が固定という返済方法であり、その固定返済額が高額であれば、結果的に一括払いとなることも多いのです。
リボ払いの設定でも結果が一括払いであれば、基本的に金利手数料は発生しません。

では実際にどの程度の金額に設定すれば有効活用できる手段なのでしょうか?
これは本当に利用者次第なので金額で断言することはできませんが、自分が普段からカードをいくらくらい使っているのか、その平均額よりも少し高めの設定にしておくと良いでしょう。
そうすると基本的に毎月一括払いになりますが、少し普段よりも高額な利用をしてしまった際に負担を先延ばしにできます。
もちろんあくまでも先延ばしですので、その後の埋め合わせは考えておく必要があることが前提ですが、現金化を行った際にも直後の負担を軽減し、その後の返済計画を立てやすくなるでしょう。