現金化をリボ払いで行うメリット

HOME » リボ払いの注意点 » 現金化をリボ払いで行うメリット

現金化をリボ払いで行うメリット

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという人の多くは、何らかの金銭的事情で現金を用意することができない人が多いですよね。
銀行口座にお金があれば、それを引き出せば良い話です。
キャッシングが利用できれば、それを利用した方が簡単で圧倒的に早いですよね。
しかしそれら手段が利用できない何らかの金銭的事情があるからこそ、ショッピング枠の現金化というカード利用規約に反する行為を選択する人が多いのです。

そういった状況に置かれている人にとって、ショッピング枠現金化で利用したショッピング枠の返済を、次の支払い月に一括で支払うのは困難なケースがほとんどです。
故にショッピング枠現金化を行う人の多くは、その返済を分割払いやリボ払いで行っています。
返済月の負担を減らすことができる、まずはこれがリボ払いで現金化を行ううえで最初に挙げられるメリットであると言えるでしょう。

しかし、返済月の負担を減らすだけなら、分割払いでも同じですよね。
自分の好きな回数で分割払いすれば良いので、そこは変わりません。
2回払い、3回払いといった通常の分割払いと比較したときに、リボ払いならではのメリットというものは存在するのでしょうか?

通常の分割払いと比較した際にリボ払いならではと言えるメリットとなるのは、返済計画の立てやすさでしょう。
一般的な分割払いの場合、分割払いを利用するたびに返済計画を立てる必要がありますよね。
返済中にさらにカード決済が必要となれば、さらに返済計画の計算は複雑化します。
しかしリボ払いなら返済額が毎月定額なので、返済計画が格段に立てやすくなるのです。
これはリボ払いならではのメリットと言えるでしょう。

しかし返済計画が立てやすくなったことで、返済計画そのものをあまり考えなくなってしまう人も少なくありません。
これではせっかくのメリットがリスクになってしまいますよね。
リボ払いは非常に便利なサービスだからこそ、計画的に利用する必要があるのです。