現金化をリボ払いで行う際の危険性

HOME » リボ払いの注意点 » 現金化をリボ払いで行う際の危険性

現金化をリボ払いで行う際の危険性

ショッピング枠の現金化を行う場合、その危険性を無視することはできません。
しっかりと危険性を把握していないと、多重債務や法律関係のトラブルの引き金になりかねないからです。
現金化の際に必ず発生するリスクを具体的に述べると、「カード利用規約違反なので利用停止になる可能性がある」「自分で転売を繰り返すと法律違反と判断される可能性がある」「安易に利用して多重債務の入り口となる可能性がある」といったものです。
細分化すればもっとさまざまなリスクがありますが、大別すればこの三つでしょう。

では今回のタイトルのようにリボ払いで現金化を行った場合、どのリスクの危険性がより高くなるのでしょうか?
答えは最後の「安易に利用して多重債務の入り口となる可能性」です。

リボ払いという返済方法は、とても便利です。
カード会社や返済額の設定によっては、利用限度額いっぱいまでカード決済を行ったとしても、設定した返済額のまま毎月返済を繰り返せばよいだけ、ということもあります。
利用する都度行う返済計画の立てやすさが、一般的な分割払いよりも遥かに簡単なのです。

しかし、この便利さが利用者の油断を誘ってしまうことがあります。
どうせ設定額だけ返済すれば良いのだから、という思考になってしまい、安易にカード決済を行うようになってしまうのです。
カード決済を繰り返せば、それがショッピング枠現金化でなくても、必ず負債は増えることになります。
その負債の増額に返済が追い付かなくなり、元本がいつになっても減らない、ということになりかねないのです。
それを毎月繰り返しているうちに知らず知らずに自分の返済能力を超えた借入総額となってしまい、その返済に充てるために他の金融機関からお金を借りる人もいます。

これは負のスパイラルの入り口ですよね。
結果的に多重債務を抱えるようになり、最後には違法金利の金融機関に手を出してしまう人も多いのです。
このように便利さゆえの危険性と言うものがありますので、十分に注意しましょう。